2019/2/1メルマガ配信

本当の自分になるためのメッセージをハートからお伝えする
空のまにまにMASAKOです♡
幼い頃に虐待を受けていた人や、トラウマがある方は心理学の本を読んでみることをおすすめします。
私は幼少期、躾と虐待のボーダーラインな環境におりました。母はたぶんアスペルガーかな?と思うくらい、子どものことよりも自分自身の人で、ほとんど祖母に育ててもらいました。祖母は躾の厳しい人で暴力がよくありました。たまに気分が落ちるとアルコールに逃げて人格が変わってしまい何日間か酔ったままで、その期間がこわくて、こわくてビクビクしておりました。
幼少期の感情を封印していたものが小学校の4年生に祖母が亡くなり、徐々にエネルギーが解放されての反抗期突入でした。
母親に暴言を吐く、夜遊びをして心配させる、よくある反抗の仕方でした。
高校入試は普通科志望でしたが、ピアノが弾けるということで保育科をすすめてもらい保育科に入学、そこで児童心理学を学びました。
児童心理学を学ぶことで、私の幼少期を客観的にみることができたんですね、高校生の私は「このまま親に反抗していると、私の人生は親のせいでおかしくなるってことだ。」と気づき、自分の人生のベクトルをかえたことを覚えています。
先日、戦慄かなのちゃんという元少年院にいたアイドルの女の子の記事を読んで、このことを思いだしたんですが、彼女も少年院で読んだ心理学の本で自分自身に向き合って気づくことができるようになったと書いてあります。
今の彼女は私立大学の法学部に一般入試で入学し、育児放棄や児童虐待された子供たちをサポートするNPO法人「bae(ベイ)」を立ち上げているんです。
知識って自分自身を守るアイテムになるし、心理学が少しわかっていると感情の爆発や衝動を抑えることもできるようになるんです。
機会があったら読んでみてくださいね。

空のまにまに

愛知県刈谷市でタロットリーディング、ヒプノセラピーをやっています。

0コメント

  • 1000 / 1000